MENU

映画【ホーンテッド】 X 自遊空間 タイアップキャンペーン

2020-05-29


【INTRODUCTION】
イーライ・ロス×『クワイエット・プレイス』脚本家コンビ
ホラー界最恐タッグが放つ《生存率0%》のアトラクション・ホラー
『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』が描くのは、迷宮のような惨劇の館に足を踏み入れてしまった者たちに待ち受ける絶望のスパイラル。恐怖の仕掛け人は、『キャビン・フィーバー』『ホステル』などのガチ恐ホラーに加え『デス・ウィッシュ』などヒット作を世に放ち、プロデューサーとしても若い才能の台頭を積極的に後押ししている鬼才イーライ・ロス。そんなロスのプロデュースの下、監督を務めたのは『クワイエット・プレイス』で”音を立てたら即死”という衝撃設定を生み出して絶賛された気鋭の脚本家コンビ、スコット・ベックとブライアン・ウッズ。『クワイエット・プレイス』と同時に脚本執筆が進められたという本作は、過去のホラー映画へのリスペクトを表明しつつ、お化け屋敷という舞台装置を21世紀のホラーとして見事に機能させた。ホラー界の最重要人物たちのコラボレーションが開花した作品としても必見である。


【STORY】
殺人鬼たちが作り上げた“究極のお化け屋敷”へ、ようこそ!
 米イリノイ州に住む大学生ハーパーは、ルームメイトに誘われるままパーティに繰り出す。せっかくのハロウィンの夜、お化け屋敷に行ってみよう――6人の大学生たちは町外れの街道沿いに建つ“究極のお化け屋敷”という名のアトラクションへ。同意書にサインし、ルールに従って携帯電話を入り口に預け、ドキドキしながら中へと入っていく。最初のうちは肝試し気分だったが、ひとりが腕を負傷したことで状況は一変。出口は見つからず、そればかりか惨殺死体が転がり始めた。そう、この館はマスクを付けた殺人鬼たちが殺しのためにつくった真のホラーハウスだった――


6月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか 全国にて公開


<CAST/STAFF>
監督・脚本:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ  プロデューサー:イーライ・ロス
出演:ケイティ・スティーブンス、ウィル・ブリテン、ローリン・マクレーン
2019/アメリカ/英語/92分/PG12 原題:HAUNT


© 2018 Danger House Holding Co., LLC. All rights reserved.

【プレゼント】

非売品プレスシート&ムビチケカード(劇場鑑賞券)20名様

【応募フォーム】

2020年06月12日 までのチャンス!
当選者の発表は賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

*印の項目は必ず入力してください

カテゴリー

アーカイブ

今日の利用料金が最大50%引き!
ダーツゲームにチャレンジするだけで、 本日の会計から使えるクーポンをゲット! ※会員登録が必要です。



このページのアドレス